時代とともに変化し続けている現代のマリンバ音楽
その多様な世界の醍醐味を探究し、より多くの方にお伝えしたい

takahashi haruka

オフィシャルページへようこそ

高橋治子(マリンバ奏者)
3歳よりマリンバを始める。武蔵野音楽大学卒業、同大学院修士課程修了、同大学院博士後期課程単位取得。
同大学院修了生による研究演奏会、同大学作曲学科教員による作品展、日本木琴協会主催マリンバフェスティバル等に出演。
2015年王子ホールにて、自身初のマリンバリサイタルを開催。また、出身地である千葉県我孫子市の“ふれあいホール”にて、
「高橋治子マリンバコンサート」を開催。同年より、柏市音楽家協会会員となり、我孫子市近隣地域での演奏活動も始める。
第1回国際打楽器フェスティバルにおける国際打楽器コンクール(イタリア)・マリンバ部門第1位入賞。
第16回JILA音楽コンクール・マリンバ部門第2位入賞。マリンバを高橋美智子、明神あけみ、打楽器を岡田全弘、加藤博文の
各氏に師事。現在、武蔵野音楽大学、及び同大学附属高等学校、同大学附属音楽教室、都留文科大学各講師。

演奏会履歴・お教室案内

演奏会履歴

 コンサート・コンクールなど履歴をご紹介

研究演奏会履歴

 博士課程在籍時の研究演奏会をご紹介します

お教室案内

    高橋治子マリンバ教室のご案内

新着情報